ブログ

北海道パウダー事情

2016.12.30

暴風雪になったり融けてみたりとクリスマス付近から非常に変わった天候が続いていたのですが、ようやくニセコらしいドライパウダーが降り、昨日のナイターあたりはかなりスキー場は盛り上がりました。今日も朝から除雪が入り、がっつり冷え込んだ空気は上質の雪をニセコにキープしてくれています。ということでスキー場も朝から歓喜に満ち溢れております。朝一のパウダーラン狙いの人たち、きれいに仕上がったピステンに大きな弧を描く人たち、転んでも痛くないゲレンデでレッスンを受ける人たち、みんなが笑顔♪

20161230 2

なかなか雪の降り具合が読めないシーズンとなっていますが、ニセコの山もバックカントリーツアーが楽しめる状態まで仕上がってきています。ニセコのシンボル、羊蹄山が一番人気ですが、ちょうど昨日のツアーの状況がガイドからFBに入ったので紹介します。

20161230 1

Our Mt Yotei tour today with Levi and Dakota led by Ski Guide Ivan.
今日はお客様と羊蹄山に行ってきました。

Windy conditions meant we were in shell layers all day, despite trying to keep out of the wind by staying below the ridge line.
山の稜線を避けても風の強いコンディションでハードシェルを着たままのハイクアップコンディション。

Being on snowshoes was probably an advantage today, as the snowshoes gripped better on the hard layer beneath the thin layer of powder.
登攀斜面はハードパックされた雪の上に薄くパウダースノーがかかった状態で、スキーシールで登るよりはグリップのよいスノーシューの方が有利な雪面。

After reaching 1300m, we enjoyed a short ski down wind blown powder, before putting the skins back on and lapping another bowl of soft, untracked powder.
1300m地点までハイクアップしたところで、吹き溜まりでパウダーランを楽しんで、ノ-トラックのボウル目指して登り返し。

The sun even broke through for a few minutes, and the cloud base lifted, allowing views out over the snow covered farm land below.
陽射しはたまにチラリ、ほぼ雲がかかった視界だったが、羊蹄山からは雪に覆われた畑の雪原が眼下に広がってみえる。

We then headed down through the birch trees out of the wind.
そして白樺の木々を抜けて風を感じながら滑りを楽しむ僕ら。

Back at the van, with the snow falling gently, drinking a cup of soup, it was hard to believe we had been up in the storm that continued to whip around the upper flanks of this magical mountain.
優しく雪が降る中、車まで戻り、スープを飲む。山頂ではあんなに強風が今なお吹き荒れてるなんてことが信じらない。

20161230 3

A brilliant day!
すばらしい日!

また音江パウダーキャットも本日深川で開催中です。天気もよく膝パウだと朝一連絡が入ってきました♪夕方には今日のレポートが入ると思います!!今年は富良野からの送迎があるので富良野ベースでぜひご利用くださいませ。

今日の一枚。音江パウダーキャットは膝パウダー!

20161230 4

深雪シーズン到来!楽しむために知っておくべきこと

2016.12.17

昨日も今日もニセコはもう新雪&深雪です!ちょうど撮影で入ったらもう腰まで埋まるパウダースノーです♪

ニセコではパウダースノーでスキー場の中でも埋まってしまうことがあるほどニセコのパウダースノーは侮れません。さらにスキー場からバックカントリーエリアへのアクセスもとても簡単にできるのでとてもたくさんの人がスキー場だけでなくありのままの雪山を楽しんでいます。

それはとても素晴らしい経験です。最高のパウダーランが待っています。

バックカントリーエリアを楽しむために知っておくこと、パウダースノーの上にいるすべての人にむけたシンプルな5つのことを今一度頭に入れておきましょう。

行く前に知っておくこと

ありのままの冬山ではかならず付きまとうのが雪崩です。スキー場のすぐそばだからら大丈夫なんてことはなく、雪と斜面があればどこでもリスクがあります。自分が引き起こすこともあれば誰かが引き起こしたのに巻き込まれることもあります。巻き込まれて岩や木に激突してしまうこともありますが、埋没しても助かることもあります。

1アバランチギアを買う

基本的なアバランチギアは雪崩ビーコン、プローブ(ゾンデ棒)、スコップです。使いこなすには練習が必要ですが、まずファーストステップとして持つことから始まります。ビーコンスイッチを入れているだけで例えば自分が雪崩で埋まってしまったときも捜索する人たちに見つけ出してもらえる時間が大幅に変わります。埋没したら15分以内に発見できるかどうかがとても重要なことです。
プローブは雪にブスブスさして雪の下2~3mくらいまでの範囲で埋まっている埋没者を手の感覚で見つける道具です。スコップはその後雪を掘るために必須ですが、他にも雪洞を掘ったり雪の弱層チェックに使ったりとなにかと便利です。


雪崩にあったときに埋没しないために今人気なのが雪崩エアバッグバックパック。実際に雪崩に巻き込まれるときは自分が滑っている衝撃がきっかけで自分の周囲全体で雪崩が発生する場合か、誰かが引き起こした雪崩が自分のほうに迫ってくる場合かです。どちらも雪崩が起きた瞬間にエアバッグのヒモを引くことで雪崩の中で浮くことができ、埋没しても、エアバッグが作った空間でしばらくの呼吸が確保されます。

これら全てのギアはNACマウンテンギアショップで購入できるほか、実際に手にとってみることもできます。詳しい性能などは店長のカノマーに聞いてもらえれば間違いありません。

2、練習すること

これはアバランチギアを使いこなす練習です。アバランチギアで助けることができるのは雪崩に巻き込まれて雪の下で生き埋めになっている人です。まずビーコンでエリア捜索し、プローブで雪の下を探し、見つけたらスコップで掘る。バックカントリーに関する総合的な知識を得られるので雪崩講習会に参加するのがもっともオススメです。一度雪崩講習に参加して基本をおさえたら仲間と練習したりもできますし、またバックカントリーツアーガイドは日々こうしたトレーニングを積んでいるのでバックカントリーツアーに参加したときにガイドにいろいろと聞いてみるのもいいと思います。実際の現場では自分たちしかいなければ自分たちでやらねばならないこと、たくさんの人たちも周りにいれば協力して役割分担してやることもあります。ツアーに参加している場合ではガイドの指示に従ってまずは二次災害を防ぎつつ自分にできることをすることになります。基本をおさえたらあとは練習しすぎても練習に終わりはありません。

3、雪崩情報を得る

ニセコではニセコ雪崩調査所が毎日雪崩情報を流しています。ニセコ雪崩情報

ニセコエリアはかつて雪崩事故が多かったこともあり、地元の有志、スキーパトロールの方々が風向き、雪の降り方、天候、積雪の状況を確認し、情報を発信しています。彼らは世界一ニセコの雪を観察してきた人たちです。ニセコスキー場外へアクセスできるすべてのゲートもこの情報をもとにオープン、クローズされています。ゲートが閉じられている日はいかにゲートの外が安全でないかも理解できます。また、ニセコの地形に合わせた情報でもあり、なにが危険かを簡潔に伝えてくれるので勉強にもなるニセコを滑るすべてのレベルの人に有用な情報です。

4、状況を把握する

状況を把握するとは周囲を観察し、注意を払うことです。例えば雪崩が発生した痕跡や歩いていて雪面に入る亀裂やその音、今日の雪の状態、天候変化、風向きなどなど、実際にハイクアップしながらも多くの情報を収集して状況を把握し、危険を察知することが大切です。バックカントリーツアーやサイドカントリーツアーに参加することでガイドが安全を確保してくれた上で自分の経験をあげていくことがオススメです。

5、雪崩の通り道を避ける

雪崩は自分が引き起こすだけでなく、誰かが引き起こした雪崩に巻き込まれることもあります。それを防ぐには雪崩の通り道から離れることです。ニセコ雪崩情報でもよく発信されますが、沢地形を滑っていて沢の底で止まったり、沢の出口の低いところで仲間を待ったりするのではなく、待ち合わせをするならば谷底ではなく、切れ上がった高いところで仲間を待ちましょう。沢の底をハイクアップしたり大きなオープンバーンを横切ってトラバースしたりせずに、尾根を上がっていく、スノーシューでのんびりするのも崖や斜面のすぐ下ではなく仮に周囲で雪崩が起きても安全な場所でくつろぐことが大切です。また北海道での日常的なことで言えば、屋根雪が落ちてくる場所に立ち入らないことも大切です。

この5つを頭に入れて楽しく最高のニセコパウダースノーを楽しみましょう♪

冬休みクライミングモンキーズのお知らせ

2016.12.09

拡大版クライミングモンキーズ案内(春・夏・冬)

冬休みクライミングモンキーズのお知らせ

今年も冬休みクライミングモンキーズの時期がやってきました!

開催期間は、12月23日~1月17日(年末年始12月31日・1月1日を除く)です。

開催時間が、①10:30~ ②13:00~ ③14:30~ 1時間たっぷり登れます!

クライミングをしたことがないお子さんでも大丈夫です。

登りやすコースがたくさんありますので、ぜひ参加してみてください。

ご予約は店頭、電話で受け付けています。

スタッフ一同お待ちしてます。

バックカントリー下見

2016.12.08

今シーズン初のドロップインはなんともいえない緊張と感動がある。

20161208 11

みんなでビーコン始めギア一式の技術ミーティングをNACセンター回りで昨日終え、今日はイワオヌプリへ行ってきた。ニセコのバックカントリーはイワオヌプリから始まる。シーズン始め、スキー場が滑れるようになってきても山でバックカントリーが楽しめるようになるのは岩は熊笹、ハイマツなどがしっかりと埋まって滑る面が出来上がるのを待たなければならない。ここイワオヌプリはアプローチがまだまだブッシュに阻まれていても、ハイマツも熊笹も生えていない特殊なボウル地形があるので雪下の岩にさえ注意すれば(なによりもそれがとても危険であることは間違いないが)どこよりも早く山の空気が感じられるエリアだ。

久々のハイクアップは最初きついがすぐに体が使うべき体力の配分を思い出してくれる。山の上についたときは風速15mの横風でさえ懐かしく、そして「おかえり」と言ってもらっているような錯覚さえ感じる。

斜面にひそむ危険や地形や特徴、ルートをみんなでシェアして一人ずつドロップイン。自分たちは滑りを楽しむために来たのではないが、ドロップするときの緊張感と足元から伝わる感触に心が躍る。

もう何回か低気圧が通過すればまもなくここもお客さんと一緒に来れる状態になるだろう。それまでの時間は自分たちガイドはエリアチェックを何度も重ねつつ、しっかりと体を仕上げる貴重な時間。

スノーシューツアー始まりました!

2016.12.02

Img 20161202 093453

今年はシーズンが早く、たくさんの雪が降ってきています!ニセコにもたくさんの人がすでに遊びに来ていて今日は今季最初のスノーシューツアーでした。

行先は羊蹄山の半月湖。夏のトレッキングでもステキな場所ですが、やはり雪の上を行くのはまた違う感覚があります。特に冬のニセコはスキー場エリアの山が大リゾートとして賑やかになる分、対照的に半月湖付近の静けさがまた価値のあるものとして光っています。

Img 20161202 100247

静かな湖畔はすでに凍っていました。これだけ見るともう少ししたらアイススケートできるかな♪と思いますが、そこはニセコ。凍りの上にワサワサ雪が積もるので実際はお椀の底に平らな雪原ができあがります。

Img 20161202 101417

これから笹もすべて雪の下、木々も雪で埋もれていきます。雪の中にダイブしたり木を揺らして雪を被ったりできる日もまもなくでしょう♪