ブログ

北海道パウダーラン

2017.02.08

こちらはニセコではなく旭川近郊で開催している音江パウダーキャットでのパウダーランです。カメラを持っているのはガイドのハンス。とても陽気なナイスガイです。北海道のパウダースノーといえば世界的に有名なのはNACセンターがあるニセコですが、北海道のパウダースノーとなると方言と同じで地域で個性が変わってきます。ニセコのパウダースノーは西に日本海からニセコ連山に吹き付ける北西の風がたくさんの雪を降らせます。感触はややしっとりした粉の上を滑るような感じで夜にまたたくさん降ることで斜面がリセットされます。降る量が半端ないこと、山へのアクセスが容易なこと、底辺りのない浮遊感を楽しめることが特徴です。滑れるエリアも広く、それを求めて多くの人が来るので、いい条件の斜面を滑るにはガイド付きのツアーでその日のベストな斜面へ人よりも早く連れて行ってもらえることがノートラックの斜面を滑るキーポイントになってきます。

それに比べて旭川近辺、道北エリアのパウダースノーはドライスノーとも呼ばれます。とても軽い雪が特徴で、それを蹴散らしながら滑るのを楽しめます。降り積もる量はニセコほど多くはありませんが、とても軽い雪なので軽く風が吹けば斜面がリセットされます。このように同じ北海道でもいろいろな雪質が楽しめて、それぞれに良さがあります。土地の空気もそれぞれ異なるのでぜひあちこちの北海道パウダースノーを楽しんでみてください♪

お客様からのレビュー

2017.01.26

深川で行っているNAC音江パウダーキャットツアーに12月に参加したお客様が素敵なムービーを作って送ってくれました。いつもお客様と一緒に楽しくすごすことが一番でやってきていますが、こうして喜んでいただけたことを伝えてくれて、また広めてもらえるのは本当にうれしいです。今までニセコでやっていたキャットツアーを昨年より深川市に移動してスタートした音江パウダーキャット。まだまだ知らない方も多くおられると思いますが、雪質はもちろん、静かな環境で他にはないものがそこにはあります。今年からは富良野送迎もつけて運営していますので、ぜひ富良野にお泊りの際は一日はキャットスキーを私たちと一緒に楽しみませんか?外国の方も日本の方もみんなみんなお待ちしております! また、雪上車の運転やカメラマンなどなど地元で一緒に働きたい人もぜひぜひお声をかけてみてください。一緒に楽しみましょう!

ビーコン講習会&お得なBCギア情報

2017.01.19

①アバランチビーコン講習会

201701191

2/9(木)~3/30(木)

毎週木曜日12:30~15:30
参加費¥5,000
定員5名 英語対応 事前予約制

アバランチビーコンは持っているけど、使い方が分からない方に向けた初心者向けの
講習会です。
1時間の机上講習後、屋外で、雪の中に埋められているビーコンを捜索するトレーニ
ングを行います。
*ビーコンの貸し出しを希望される方は、事前にご相談ください。

②お徳なバックカントリーギア4点セット

バックカントリーで使い易いバックパック、オスプレーKODE32に、
お好きな組み合わせの、ビーコン・プローブ・ショベルの合計4点をお買い下げで、
合計金額から、1万円をお値引きします。
更に、ビーコン講習会(¥5000)に無料でご参加頂けます。

③他にもマウンテンギアショップのお得情報ゾクゾク

201701192

今マウンテンギアショップでビーコン購入すると、上記ビーコン講習会(¥5000)を無料で参加できます。

また、セールコーナーが更に充実!
・ファイントラック社、メイドインジャパンの高性能ウェア
アウター・ミッドシェル・インサレーション・ベースレイヤーが30%OFF(アク
ティブスキン製品は除外)
・ブラックダイアモンド社、昨年モデルのグライドライトモヘアミックス STSス
キン 125mmと140mm
各1本限定20%OFF

本格的なバックカントリーシーズン到来。
数量限定ですので、お早めのご来店がオススメです!

さあ、ギアも揃って講習も受けたらぜひ一緒にバックカントリーにいきましょう!

ニセコサイドカントリーツアー

ニセコバックカントリーツアー

羊蹄山バックカントリーツアー

雪崩ビーコンの変えどきを知る

2017.01.12

BCギア イチオシ商品 最新ビーコン

やっと冬将軍が本気を出し始めましたネ♪小雪で溜まっていた鬱憤を、バックカントリーで発散したい!!
でもその前に…

201701121

入山の前に装備の確認はできていますか?特に、雪崩に埋没してしまった時の頼みの綱、アバランチビーコンの確認は周到に。いくつかのチェック項目をお伝えします。

10年で廃棄が基本

物を大切にする気持ちは素晴らしいです。但し、命に関わる精密電子機器であるビーコンは、例え新品であっても、10年で廃棄する事を製造会社は提唱しています。そして、使用頻度にもよりますが、3~5年でメーカーによるシステムチェックを受ける事もオススメします。以下、廃棄する条件を提示します。

ビーコンの国際基準

①457khzを基準に、プラスマイナス80hz以内
②+10℃で、200時間の送信が可能
③-10℃で、1時間受信が可能
④-20℃⇔+45℃で動作する
⑤信号の間隔が、1秒を基準に、プラスマイナス1/3秒以内
以上の5点を満たさなくてはなりません。

周波数のズレ

周波数が、上記①の範囲を外れてしまっている送信ビーコンは、受信側の距離や方向を正確に表示できなくなるだけでなく、最悪の場合、全く反応しない場合さえあります。信号がずれる主な要因は①古い⇒経年劣化 ②低温 ③使いすぎ(汗や濡れ等」」) が上げられます。

信号が重なる問題(フリークエンシードリフト)

⑤について、旧式ビーコンは、信号の間隔が1秒以上の機種であり、複数埋没の際に、発信音が重なったり、離れたりを繰り返します。この現象は、受信ビーコンの解析を惑わし、エラーを発生させたり、マーク機能のある機種では、誤って2台同時にマークする可能性があります。

送受信性能チェック

では、自分のビーコンは果たして大丈夫なのか?そこで、簡単に出来る機能診断の方法を教えます。この機能診断は、毎シーズンの始めに行いましょう。

用意するのは、2台のビーコンと巻尺(最低20m)。行う場所は、出来る限り、電波の影響を受けない広い場所で行うのがポイント。お互いのビーコンで、送信と受信の距離を測ります。送信ビーコンの向きを、縦・横2軸で図り、受信距離の短い軸側で20mを切っていたら、買い換える事をオススメします。

ここでのポイントは、受信ビーコンにデジタル表示された距離ではなく、あくまで最初に信号を受信した位置での実測の事を指しています。


結果によっては買い替えを!

もしも残念な結果になりましたら、思い切って買い替えをオススメします。10年使うとしたら1年あたり約4~6千円の投資。
マウンテンギアショップでは3種類のビーコンを販売しています。自分に合う1台への絞り込みは店長カノマーにお気軽にご相談くださいね。
効果的に雪崩に備えましょう!

新雪の森にいこう!

2017.01.11

天候が荒れた日は静かな森が穴場♪

201701111

例年に比べてびっくりするほど雪が少ない年末年始のニセコ、昨晩から冬の嵐で久々に大寒波とまとまった雪がやってきました。視界が悪く、道路を走る車はハザードをだしてノロノロ運転、パウダースノーを待っていた人たちはスキー場へ向かいますが、こんな日は視界が確保できず強風に吹きさらされ、ちょっと間違えば修行な世界、完全にエキスパートの方だけが楽しめる環境です。この冬の嵐が過ぎ去った週末あたりがゲレンデやサイドカントリー、バックカントリーにはベストタイミングでしょう。

ということで今日は趣向を変えてスノーシューで人気の半月湖にスタッフの犬をお供に行ってみました。

羊蹄山の山麓にある半月湖はスノーシューを履いて森を10分ほど抜けると現れるすり鉢状の湖。今日の最高気温はマイナス10℃、いい感じに湖面は凍っています。

暴風雪な空模様でも風を交わしたこの場所はとても静か。上空を風が抜けていくのですごい雪が降ってたと思いきやフワッと晴れ間が覗いたり。ここはスノーシューで人気のエリアですが、今日は誰もいなくて何気にこんな日のが晴れの日よりもオススメかも。

広葉樹や湖面ではたっくさんの新雪に囲まれ、針葉樹の下ではサクサクと歩きやすかったり新雪の森はいろんな感触が楽しめました。

ここに来たことがない方はスノーシューツアーでぜひ訪れてみてください。湖面で雪のテーブルを作って紅茶を飲んだり楽しいですよ。体力に自信がない人にもおすすめの半日ツアーです。

また、ここにツアーで来られた方は違うところを予約時に希望してみてください。他にもおすすめのシークレットルートが待っています♪

予約